就労サポートスタッフの募集。タウンワーク+indeedブーストで応募54件、採用2名

【お客様の声】

こんなに応募が来るとは思わなかったので驚きました。地元の方が採用できて満足です。良い人からの応募が多くて選ぶのが大変でした!

▼背景・課題

これまでずっと他社の求人媒体で掲載していたが、最近は応募がなく採用ができないため媒体変更を考えていた。
施設の利用者も増え、現在のスタッフでは対応できないため増員募集。

社名:K
営業担当:吉野
制作担当:酒寄
媒体・サイズ:タウンワークA2 +Airワーク採用管理iブースト

▼このプランをお勧めした理由

パートだがフル勤務希望のため、地元の人に見てもらえる媒体でタウンワークとindeedに。

▼欲しい人物像

障がいやうつになっている人のサポートのため、仲良くなってもらう必要がある。
そのため、パートだけどフル勤務できる人が欲しい。週1.2日だとすぐ利用者と距離があいてしまう。
できれば女性で寄り添えるひと、誰かの役に立ちたいと思えるひと。

▼解決・原稿工夫点

障がいがある方との関わりという点で求職者の遠ざかってしまうことを想定し、下記のことに注意して作成しました。

◆丁寧に伝える
→発注時にもらっていた『お昼は外で食べてもok』などの小ネタは『1日の流れ』と合わせて記載し、イメージに具体性を持たせる。
→HPの情報なども組み込んで「どのような施設か」「どのようなことをするのか」をしっかり表記し、未知へのハードルを下げられるように。
施設への興味の入り口となるよう、企業理念(モットー)を記載

◆抵抗をなくす
無資格okであることを一覧に出る職種欄の先頭に持ってくることで、後に続く「障がい者の~」への抵抗を減らせるように。
→「まずは信頼関係の構築から!」という文により通常の人間関係と差がないことを示し、「障がい者だから何か特別なことをしなきゃいけない」という意識を減らす。

◆メリット
→「週3日~」「土日祝休み」「服装自由」など多くの企業でもメリットとなる部分はキャッチに記載。フランクに伝えることで、ターゲットとして想定される主婦層にも安心感を与えられるように。
→この職種で検索する求職者は少ないと想定し、幅広い分野での人気検索ワードを記載。

▼効果・採用結果

応募54件(タウンワーク38件、indeedブースト16件)、採用2名

やりがいのある仕事、貢献できると思い応募してくれた、地元の主婦を採用できました。

▼営業・制作担当コメント

学生時代に自身が障がい者施設(放課後デイ)でボランティアをした経験から、障がい者に関する施設の原稿を作る際には、イメージとのギャップをどう緩和するかを意識しています。
今回は、発注の段階で就職後のイメージが湧きやすい情報を多くもらえたので、自分の中でもしっかり消化しながら作成することができました。(制作担当)


アルバイト・パートの求人掲載はご相談はこちら
https://www.saiyoutantou.com/townwork/

 社員採用の求人掲載のご相談はこちら
https://www.saiyoutantou.com/rikunabi-next/

indeedでの求人掲載のご相談はこちら
https://www.saiyoutantou.com/indeed/ 

媒体のご相談や、求人広告の掲載のご相談はこちら
http://www.saiyoutantou.com/contact/ 

【求人広告に応募が集まらない!応募者の心理を見抜いて集める方法、お教えします】
https://www.saiyoutantou.com/genko-seisaku/2636/

【採用力を最大化する!タウンワークオウンドパックとは】
https://www.saiyoutantou.com/saiyou-seikou-jirei/3501/

【リクナビNEXTで応募数を増やす方法。アプローチ機能とは?】
https://www.saiyoutantou.com/saiyou-shuhou/3613/

お気軽にお問い合わせください。0120-368-362受付時間 9:30-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ