庭師の正社員募集。異なる採用ターゲットに異なる原稿で掲載。応募1採用1名、応募3名採用2名で見事採用成功。

異なるターゲット(それぞれAとB)に対して、異なる原稿別時期に掲載し
それぞれ採用成功につながった事例をご紹介いたします。
 
社名:株式会社M
営業担当:本田
制作担当:田中
媒体・サイズ:はたらいく Lせきらら
 

▼概要・課題
庭師の募集。
タイプ面の採用ハードルが高め。誠実さや一生懸命さ、真面目さなど。
基本的に、3ヶ月に1回のペースで掲載している。

▼顧客要望
A.若手(10代・20代) であれば特に採用のハードルは問わない。
B.学歴がある程度あり、しっかりと頭で考えながら取り組める若手が欲しい。

▼解決・原稿工夫点 
A. 
造園以外の現場系の職場で働いていて、
よりクリエイティブな仕事をしたい人に庭師の仕事の創造性をアピールする。
B.
庭師の仕事は、職人のような技術も、芸術家のようなセンスも、樹木医のような知識も、
そして人格も求められる仕事であることをアピール
し、ハイスペックな若者が庭師を志したくなるようにする。  

▼効果・採用結果
A.応募1名、採用1名のピンポイント採用に成功
B.応募3名、高学歴の20代2名採用に成功

◆制作担当コメント
定期的に掲載する場合や連続で掲載する場合など、過去の原稿を引用することは多いと思います。

ただ、前回の原稿をそのまま使うのではなく
お客様の要望だったり、マーケットの変化をしっかり読み取っていけば
どんなに素晴らしい過去の原稿でも伸びしろはきっとあるはずです。
もちろん、色々な都合で難しい部分もあるでしょうが、もう一工夫、もう二工夫することで、還元される効果やお客様の満足度は確実に変わってきます。

今回の事例は、過去の原稿を活かしつつもちょっと異なるターゲットに、異なる訴求ポイントをアピールすることで効果が明確に変わり、採用成功につながったものでした。

A.

B.

お気軽にお問い合わせください。0120-368-362受付時間 9:30-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ